what's New

吉川ピアノ音楽教室

☆ビッグニュース☆

9歳の生徒さんが、UNITED STARS MUSIC COMPETITION という世界規模 国際音楽コンクールでHonorable Mention(奨励賞)に続き、Special Award を受賞いたしました☆

オンライン発表会

生徒さんの演奏やご感想を投稿しております!!
実際の発表会と異なり、

オンライン発表会ならではの映像や繋がりがあります☆

是非、ご覧ください!!

吉川春美ピアノ音楽教室では、

小さなお子さまも、

安心してご利用いただける

広い待ち合い室、そして、駐車場を完備しております。

 

 ピアノ、声楽

・・・幼稚園生から大人の方まで音楽の技術を身につけることで、

お一人お一人が、より豊かな生活を送ることができますよう、お手伝いいたします。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 お問い合わせはこちらです。

TEL:090-9967-0702

 

コンサートの様子を更新しました

HPブログを始めました!

ブログはこちらです!!


3/20 より、

「吉川春美の幸せブログ♡」を

始めました!!

どうぞ、ご覧下さい。

生徒さんの声

生徒さんの声、動画をたくさん載せております。

生徒さんの声、演奏

レッスン風景動画

をご覧ください。

 

 

 

 

出張コンサートいたします

                詳しくは出張パフォーマンスをご覧ください

FBはこちらです

オンライン発表会は、

今までのページ,「オンライン発表会№1」の

容量がいっぱいになりましたので、

今後こちらのページで、引き続き行います。

 

今までのページを「オンライン発表会№1」、

こちらを「オンライン発表会№2」といたします。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

アラベスク   ブルグミュラー

音楽教室のページでお伝えいたしました通り、

新倉将希君が、この演奏で世界規模 国際音楽コンクール

United Stars Music Competition」において、

奨励賞”Honorable Mention”と、

特別賞 “Special Award Winner”に選ばれました☆☆☆

 

国際音楽コンクール

United Stars Music Competition

HPはこちらです

 

この演奏を録音した時のことを今でも覚えております。

まるで、神様が天から舞い降りてらしたような演奏でした。

天から一筋の光が光が射し、

一音一音紡ぎ出される音が

キラキラ光っているような印象を受けました☆

 

あまりにも素晴らしい演奏でしたので、

レッスン室が不思議なオーラで包まれた感じがいたしました☆

 

この演奏をお聴きになった、多くの方々から

嬉しいご感想をたくさんいただきました。

その一部をご紹介いたします。

 

✿聡明な応援歌の様に心に響きました♡有り難う御座います

✿軽やかでのびのび気持ちのいい演奏ですね

ピュアな心が伝わってくる演奏です☆

ピアノの音色を聴いて、とても元気をもらえました有り難う御座います!!

✿朝起きてから、将希くんの演奏を何度も聴いています。

 飽きない演奏です。

 私のような素人が聴いても心揺さぶられ、

 何度も聴きたくなる演奏です。

 選曲も素晴らしいです☆

 

 

 

ですが、聴く人に感動を与えられるのは、

将希君だけではありません。

この音楽教室にいらしている全ての方が、

演奏やパフォーマンスにより

人に元気や感動を与えることができているのです☆

 

たとえ片手ずつの演奏でも、

たとえ2小節の短いフレーズだけの演奏でも、

聴く人に感動を与えることができるのです☆

 

生徒さんお一人おひとりにドラマがあり、

真剣な表情、集中している表情、

笑顔溢れるパフォーマンスが、

人を感動させるのです☆

 

現に私は毎回のレッスンで、感動を頂いております☆☆☆

本当に感謝の毎日です☆☆☆

 

では、将希君のエネルギー溢れる演奏をお聴きください♡

波のりこえて ロータス

 

この曲は,遊園地の回転木馬などで良く流れている曲、

「波のりこえて」です。

アメリカではサーカスで使われるそうです。

メキシコの作曲家フベンティーノ・ローサスのワルツで、

1884年発表の曲です。

 

このように新しい曲に取り組む時には、

必ずその曲について調べましょう。

 

さて、Yちゃんは難しい課題にひとつひとつ取り組んできました。

難しいと思うこともたくさんあったと思いますが、

希望を持って、

落ち着いて取り組むことができ、

その姿には頭が下がります☆♡☆

 

難しいと思っていることに、

取り組んでいらっしゃる姿はとても頼もしく、

これからも様々なことで、このように成長していかれるのだろうなと

思っています☆☆☆

 

「新しい曲と初見との違い」

今日は、新しい曲を弾く時の注意点をお知らせします。

最初ぱっと見ると、弾けそうと思うので、

すぐ両手でつい弾いてて見たくなり、

実際弾いてみると出だしは良いのですが、

だんだんに難しくなり弾けない、

”あー弾けない”

となるのが一般的、と申しますか、普通です。

それは新しい曲に取り組むのではなく、

初見をしているのです。

初見は”ぱっと”見て弾くというもので、

もちろん所見の本(自分の今の段階より優しいもの)があります。

 

所見と、新しい曲を弾くということは全く違います。

 

新しい曲は、技術をつけるため、

難しくなっていますから、

初見では弾けなくなっています。

弾けないのが、当たり前なのです。

 

ですから、初めて新しい曲に取り組む時は、

必ず手拍子から、

ソルフェージュ的練習から始めてください。

 

そして片手ずつ弾いてみましょう。

私も必ず片手ずつ弾きます。

 

すると両手では見えなかったものが見えてくるのです☆

最初から両手で弾くよりも、上のレベルの演奏が出来るようになります☆

バイエル60番

この S ちゃんの動画は、

昨年102撮りましたもので、

早くも8ヶ月が経とうとしています。

 

ですから現在はもっと上手になっていらっしゃいます。

 

投稿するのが遅くなってしまいすみません。

 

さて、S ちゃんはとても綺麗にこの曲を弾いています☆☆☆

 

この曲は初めはA マイナーポジションイ短調で始まり、

中間部はCポジションハ長調、

そして最後はまた A マイナーポジションイ短調に戻っています。

 

 

もちろん S ちゃんは、それらを理解して弾くことができています☆♡☆

このような演奏は、

プレリーディングを練習していると、理解できるようになります。

 

まず、全調メジャーでで弾けるようになりましたら、

次は全調マイナーで弾けるようにします。

 

プレリーディングでの学習は、

調の特性、コードネーム、和音 の特性など、

様々なことに繋がります。

 

皆さん頑張って練習してみましょう♡